次は outputを!

みなさん、こんにちは。

台風が 日本中に雨を降らせていますね。
津波や 洪水など・・・ 水は怖いものです。
大きな被害がでませんように・・・

さて、昨日は、まず、inputが 先ということをご紹介いたしました。

そこで、今日は 次のステップについて考えてみたいと思います。
stairs-1458533__340.jpg

たくさん聞いて、
たくさん読んだら

少しずつ 耳に単語が聞こえてくるようになりますし
少しずつ 単語を覚えてくるようになります。

そしたら、そこで inputと 同時に outputをしましょう!

speech-2584476__340

子どももそうですよね。

少しずつ 聞いて 使える言葉を 発していきます。

ママ、パパ、まんま、ねんね、わんわん・・・・など 知っていることを言って
そこから 知っていること+いえることを 増やしていきます。

単語を言えるようになった後は、フレーズや短い文章です。

おなかすいた~
これ ちょーだい!
これ おいしー
やーだーもーーーん
やーめてー
これ こわーーい

自分に関係することを 言い始めます。

inputで 聞き続けてきたことを いえるようになるわけです。

大人で 外国語を習うときにも 同じプロセスを踏むことが 近道です。

palace-sa-970640__340

聞いて、読んで
そして 自分で考えて 口に出す。

それが 言語習得のプロセスだからです。

logo-small

Good英会話のコラムを、いつも読んでくださいまして ありがとうございます!
ご意見や ご感想がございましたら、ぜひ お聞かせくださいませ!
aitsun0701@hotmail.com (Aiまで)

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中