書籍「子どもに英語を習わせる親がしっておきたいこと」を読んで・・・

Hello! How are you?
Happy Monday!
I hope you had a great weekend!

今日は、とってもよい書籍「子どもに英語を習わせる親が知っておきたいこと」を読んでみて、思ったことをご紹介します。
IMG_0659[1]
”世界に通用する子どもを育てる7つの力”について丁寧に説明してあります。
この本を読んで、私たちが考えていることがたくさん書いてあって、なんだかとってもすっきりした気分で読ませていただきました。

どういうことかというと、Good英会話では、ただただ 英会話レッスンをしているわけではありません。
英会話レッスンをご提供しますが、それがゴールではありません。
私たちは、みなさんに、自信を持って英語で受け答えができる国際人になっていただきたいと思って、英会話レッスンをご提供しています。

英語で何ていわれているかをわかっていて、英語で何と応えたらよいのかわかっていても
それを、相手にわかるように受け答えできなければ、だめですよね。

英語が読めて、単語を知っていても、
英語で相手とコミュニケーションをとる場面になったときに
自信を持って 受け答えができなければ だめだと思います。

国際的なシーンでも、しっかり自信を持って
英語でコミュニケーションがとれるようになっていただきたいと思っています。

それが 国際人だと思うのです。
globe-2825178__340

日本では、「察してください」ということが 通用します。
それが、日本の文化で、素晴らしいおもてなしサービスをご提供できるのは その無言のコミュニケーション、以心伝心、察する、ということが 当たり前なのではないかと思います。

でも、世界的にみると、日本人は 「コミュニケーションが苦手」といわれます。
それは、自分の意見を はっきりと発言することができない、または 上手にできないということです。

「どうしたいのか」「何が必要なのか」「何がすきなのか」「何がよいのか」「どうしなければいけないのか」を 言えることが 大事なのです。

例えば、すごくどうでもいいことなのですが・・・
お友達や知り合いのお宅にお邪魔すると 「お飲み物はいかがですか?」と聞かれますね。
英語では 「Would you like something to drink? (なにか お飲み物いる?)」ですね。

beverage-2300197__340

日本では、「いいえ。結構です」ということが多くないですか?
子どもは 実は 何か飲みたいのに もじもじ もぞもぞ・・・
そして、飲み物を 結局だしていただいて 「すみません・・・・」なんて感じで 飲み物を受け取る感じ。

でも、海外では そんな感じではありません。
“Oh, thanks! Can I have decaf tea, if you have some?” (あー ありがとう!カフェインレスのお茶あったら いただけますか?) なんて 気軽にお願いしちゃいます。
それでいいんです。

我慢しなくていいんです。
「ほしいんです」「いただけますか」といっちゃえばいいんです。
それで ”hmmm Sorry we don’t have any decaf tea, but we have good lemonade.” (あ~ ごめんね~ カフェンレスのお茶はないんだけど おいしいレモネードがあるのよ)なんてことになったりします。
mineral-water-1532300__340

「何かがほしい」「何かがすき」「何かに困っている」ということは、言っちゃったらいいのです。
誰かを傷つけてしまうことではなければ、自分の思ったことは言っていいのです。
それが 国際的なコミュニケーションだということですね。

geisha-884684_960_720
日本には、とっても長い歴史と、誇れる文化があります。
日本でのやり方がわるいというわけではないんです。
日本人のコミュニケーションの方法が、「悪い」というわけではないのです。
日本では、自分の意見をはっきりきっぱり言うことは、「自己主張が強すぎ」といわれてしまい、あまりよいこととは取られないと思います。
だからこそ、その日本でよいと思われないことをすることは、難しいですよね。。。
それぞれの文化でのコミュニケーションの方法が 違うというだけのことなんです。

海外の人たちは、日本人のように 察したりする・・・というコミュニケーションではないので、私たちが考えていることをわかってもらえないため、理解してもらえなかったり、誤解されてしまい
私たちに損だということなのです!

だから、国際的に、つまり 海外の人たちと 上手にコミュニケーションをとるときには、「言わなくても わかってもらえるだろう」という、当たり前の察してもらおうという期待はできないので
しっかり思ったことを発言してみることが 大事なんです。
そんなことが 上手にまとまっている本でした。

引き続き、みなさんに 国際人になっていただくために レッスンをご提供していただこうと思います!どうぞよろしくお願いいたします。

寒くなってきて、風邪や胃腸炎、インフルエンザなどが流行りだす時期ですね。
子どもが通っている小学校でも、毎日欠席者がいるようです。
「ウイルス」って 英語でなんと言うかご存知ですか?
明日、「ウイルスって 英語で何ていうの?」をお届けします。
Have a great day!

logo-small
Good英会話のコラムを、いつも読んでくださいましてありがとうございます!
ご意見や ご感想がございましたら、 ぜひ お聞かせくださいませ!
aitsun0701@hotmail.com (Aiまで)

**** 英会話超初心者の医療従事者のためのEnglish講座のお知らせ****
10月22日(日)「不妊治療特集:女性問診」  (終了しました!)
11月12日(日)「薬局特集:問診」 (http://everevo.com/event/41111
11月26日(日)「不妊治療特集:男性問診」(http://everevo.com/event/41363


* * * * * * * * * * * * * * *

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中