元中学校の先生 「生徒40人のクラスで みんなが○○○ができるようになるわけがない」

先日、元中学校の英語先生だったSさんとお話をする機会がありました。

そこで 「中学校で 生徒40人のクラスに英語を教えていて やっぱり みんなが○○○ができるようになるわけがないですよね」とおっしゃっていました。

いったい 何ができるようになるわけがない、という問題だったのかというと・・・

「英会話」

なのです。

高校入試で スピーキングをすることになり 中学校の英語の先生たちは 困っていらっしゃるという現場の声でした。

それは 当然のことですが 40人を相手にして 英語で話せるようになるなんて やっぱり 難しいんですよね。

英会話は インプット(聞いたり 読んだり・・・ 自分の中に情報を入れること)だけではできるようにならず 必ず アウトプット(自分から しゃべったり 書き出したり・・・自分の中の情報を発信すること)をする必要があります。

ス○ードラーニングのような教材は インプットのみなので それで どうやって 英会話スキルにつなげるのか・・・と すごく不思議です。

インプットだけをしていて 英語が話せるようになるんだったら たいていの日本人は 英語が もっとできているはずなんですよね・・・

確かに インプットも大事ですが それだけでは やっぱり話せるようにはならないものなんですよね。

40人の生徒を相手に たくさんのインプットをさせることは可能だと思います。たくさん聞かせて たくさん読ませることは 生徒がたくさんいてもできちゃいます。

でも それぞれに発言させたり 質問をさせたり それに答えたりするようなアウトプットのチャンスを たくさん与えるのであれば やっぱり 40人が一度に集まっている場所では 限界があります。

先生と 正しく発音しているか 正しい文章になっているかを確認してもらう必要がある中学生のレベルで 1クラス45分で 40人生徒さんがいたら 1人1分?????

そんなの 無理に決まってます・・・ 

中学時代は 部活などで忙しい時期なのですが やっぱり 学校だけの英語の授業だけでは不十分だとお考えの中学生さんが 当英会話スクールに通ってきてくださっています。

当スクールでは 主にプライベートのレッスンをご提供しており 1対1で Mr. Garyと 60分間 みっちり インプット(Mr. Garyの話を聞いて)をしたり アウトプット(質問に答えたり 質問をしたり 思ったことを発言したり)してもらっています。

週に1回 60分 しっかりインプット・アウトプットをできる時間を持つだけで 全然違います。

日本の教育システムとして 「日本の若い人たちが 英語で話せるようになるべきだ」という考えから 高校の入試でスピーキングが加えられるのは 理論的にはわかります。

英語でのスピーキングスキルが これから絶対に必要になるからですね。

でも そのスキルを習得してもらうためのシステムが まだ出来上がっていないようです。

もともと 日常生活で英語を使う習慣がなければ なかなか 習得するのが難しいのに 学校教育でも 十分ではないみたいです。

そして 英会話は 一晩でできるようなものではありませんから 事前に準備をする必要があります。

受験直前にご相談をいただくのではなく 事前にご相談くださいませ!

Good英会話
代表:佐藤愛
住所 145-0062 東京都大田区北千束1-23-7
電話:03-6316-8917
メール:aitsun0701@hotmail.com
アクセス:大岡山駅から徒歩4分(大岡山駅は渋谷駅から電車で15分、自由が丘駅から2駅、目黒駅から5分)

Good英会話では アメリカ人英会話コーチと日本人の講師がペアとなり 日常英会話や医療英会話を プライベートレッスン形式でサポートしています。春休みのプチ留学プログラムなども充実しています。体験レッスンを随時受け付けています。ご相談ください。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中