【医療英語】麻痺って 英語でなんていうの?

昨日、グループレッスンで Kさんが お母様が くも膜下出血 (subarachnoid hemorrhage) になってしまったというお話をしたとご紹介しました。

くも膜下出血は 脳卒中 (stroke)のひとつですね。

脳卒中のよくある後遺症である「麻痺」って 英語でなんていうの?

「麻痺」は 英語で

paralysis (ぺららしす)

といいます。

たとえば、

I have paralysis in the right side of my body. 
(体の右側に 麻痺があります)

と使います。

paralyzed (ぺららいず)

というのが 「麻痺をした」という表現のときに使われます。

たとえば、

The right side of my body is paralyzed. 
(体の右側が 麻痺しています)

という風に使われます。

今日は、脳卒中が引き起こす主な後遺症である「麻痺」という単語をご紹介しました。

できれば、一生 健康でいたいものですね。

Good英会話

代表:佐藤愛
住所 145-0062 東京都大田区北千束1-23-7
電話:03-6316-8917
メール:aitsun0701@hotmail.com
アクセス:大岡山駅から徒歩4分(大岡山駅は渋谷駅から電車で15分、自由が丘駅から2駅、目黒駅から5分)

Good英会話では アメリカ人英会話コーチと日本人の講師がペアとなり 日常英会話や医療英会話を プライベートレッスン形式でサポートしています。春休みのプチ留学プログラムなども充実しています。体験レッスンを随時受け付けています。ご相談ください。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中