【医療英語】都内クリニックで英語での外国人患者さん対応係になったAさん

先日、都内のクリニックで勤務をされていらっしゃるAさんが レッスンに来てくださいました。

Aさんは 高校から英語学習をしていらっしゃり 海外旅行に行ったり、海外でインターンシップや勤務経験をお持ちのすごく有望な方です。

もともと金融業界などで勤務されていらっしゃったAさんは、6ヶ月くらい前に 都内の医療クリニックさんに入職され、英語での外国人患者さん対応を担当されていらっしゃいます。

Aさんのクリニックでは、中国人を含む外国人が増えているようですが、なんとAさんのクリニックでは ほかに英語ができる方がいらっしゃらないそうでした!

なんと ドクターも 英語が全然できないんだそうです!!

こういう話をお伺いすると 私たちの目標である

「医療従事者がストレスなく外国人患者さんに適切な医療ケアをご提供できるクリニックを増やす」

に向かって ますます がんばらなくちゃいけないなと思わされます。

やっぱり ドクターは ある程度 英語ができるべき

施術をされるドクター自身が 患者さんとコミュニケーションを取れないのは 非常に危険なことだと思います。

完全にわからなくても 通訳者が言っていること、患者さんが言っていることを ある程度把握するくらいは やはりできるべきであると思います。

たとえ 医療通訳がいたとしても もし 通訳者の通訳が間違っていたら それは 誰の責任になるのでしょうか・・・

たとえ 翻訳の機械を 導入したとして その翻訳機が 間違った翻訳をしていたら どうするのでしょうか?

そういうこともありえると思うのです。

そこで ドクターは せめて「いや そうじゃないよ」と 介入できるくらいの英語力は 必要だと思います。

Aさんは 今回 クリニックで すべての英語対応を任されていらっしゃいます。

これは 大変なことです。

これから Aさんが 自信をもって仕事をできるように、そして 外国人の患者さんたちが 安心・安全のケアを受けられるように

  • クリニックで使う専門用語の学習
  • 英語での施術内容などについての説明対応の改善
  • 説明同意書などの英訳添削
  • ご案内の会話集の明文化 (他のスタッフさんも使えるようなツール)

というところを お手伝いしていきます。

Aさんは 「本当は ドクターに レッスンを受けてもらいたいですよ・・」とおっしゃっていました。

そうだな~とは思いますが ドクターは なかなか忙しくて レッスンのお時間を作ることが難しいのかもしれません。

それでも Aさんのような方がいるおかげで ギャリーのような日本語が得意でない外国人も 日本で 医療ケアを受けることができます。

本当にありがたいことです。

私たちは これからも ますます医療従事者、医療関係者のみなさんが 英語を使って 外国人患者さんとコミュニケーションをとって 医療ケアをご提供していけるようにお手伝いをしていきたいと思います!

Good英会話

講師:ギャリー・Ai
住所 145-0062 東京都大田区北千束1-23-7
電話:03-6316-8917
メール:aitsun0701@hotmail.com
アクセス:大岡山駅から徒歩4分(大岡山駅は渋谷駅から電車で15分、自由が丘駅から2駅、目黒駅から5分)

Good英会話では アメリカ人英会話コーチと日本人の講師がペアとなり、英語を使って目的を達成したい方に、日常英会話や医療英会話を対面式マンツーマン・プライベートレッスン形式でサポートしています。春休みのプチ留学プログラムなども充実しています。体験レッスンを随時受け付けています。ご相談ください。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中