外国人が日本の医療機関を受診するって どんな感じ?

いろいろ調べていたら、こんな素晴らしい文献に出会いました。

在日外国人にインタビューをして、日本の医療機関を受診した感想などを聞いてまとめてくださっています。

ぜひ医療関係者の方は、読んでみてください。

結局 わかりにくい

「受診システムや、病院内のルールがわかりにくい」ということが書いてありました。

これは、意外にも大きなことで、日本の医療機関の「当たり前」が海外では当たり前じゃないということの認識不足から起きていることだと思います。

たとえば、予約が必要なのかどうではないのか、保険証や診察券が必要だとか、当日のお会計があるとか、看護師の役割の違い・・・いろいろな日本では「当然」に行われていることが、日本のみでのことだったりするのです。

日本の患者さんには説明をしなくていいことも 外国人の患者さんには説明をしたほうがいいこともあるということですね。

それは その患者さんの知識レベルを確認しながら進めていくことになりますので、対話が必要です。

そういうことだから 外国人患者さんは 大変だと思われるのだと思います。

そうですよね・・・

手間や時間がかかってしまいますよね。

わかります。

しかも 日本語だったら、簡単に説明できることも、英語だと そう簡単にはいかないし・・・

わかります。

ご案内文書を多言語しましょう

私たちは、院内のご案内文書を多言語化することを まず初めにご提案しています。

たくさんある中で、必要なものだけでいいと思います。

でも、特に初診の患者さんは、不安な気持ちでいっぱいですから、必要な情報をお渡しして、安心して、受診してもらえるようにしたいですね。

英語や中国語などの多言語化されたご案内文書が出来上がっていれば、「これを見てくださいね」と言えばいいので、対応がかなり楽になります。

よくある質問の答えをしっかり盛り込んでおけば、たいていの質問を避けることができますね。

絶対に院内にある文書には多言語化しておいたほうがいいものが いくつかあるはずです。

ぜひ、まずはそこから始めてみてください。

当たり前のことでも、ご説明をしてあげなければいけないものですから、絶対に役に立ちます。

今回は こちらをご紹介しました。

私たちは、医療知識を生かし、医療機関のみなさまのお手伝いをしています。

医療文書の翻訳、医療論文の添削なども行っておりますので、お気軽にご相談ください。

また、ギャリーと私がペアになってご指導をする「医療関係者のみなさんの英会話力アップのためのグループレッスン」などもお引き受けしております!

いつでもご連絡くださいませ。

Ai (aitsun0701@hotmail.com)

logo-small

Good英会話

講師:ギャリー・Ai
住所 145-0062 東京都大田区北千束1-23-7
電話:03-6316-8917
メール:aitsun0701@hotmail.com
アクセス:大岡山駅から徒歩4分(大岡山駅は渋谷駅から電車で15分、自由が丘駅から2駅、目黒駅から5分)

Good英会話では アメリカ人英会話コーチと日本人の講師がペアとなり、英語を使って目的を達成したい方に、日常英会話や医療英会話を対面式マンツーマン・プライベートレッスン形式でサポートしています。プチ留学プログラムなども充実しています。体験レッスンを随時受け付けています。ご相談ください。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中