neatって どういう意味?そして、もう一つのニートという単語

先日のレッスンで、

That’s neat.

という文章がありました。

neatというのは 

arranged in a tidy way; in good order.

つまり きちんとされている、整理整頓している、という意味なのです。

この会話の中で That’s neat.というのは 「That’s great」のようなほめ言葉で使われていて、そういう風にも使われます。

でも 日本語で ニートって 働かない人って意味ですよね?

というご質問がありました

実は、私も ニートという単語をちゃんと知らなかったのですが

neet

という単語があり それが

a young person who is no longer in the education system and who is not working or being trained for work.

学校に行っていなかったり 働いていない、働く準備をしていない若い人、を指す単語なんですね。

neat と neetという単語は 発音が同じですが 全然違う意味でした。

日本語にも 橋と 端と 箸と 同じ発音だけど 全然違う意味を持つものがありますね。

同じようなことなんです。

「あ~~~ もう わけがわからない!」と思っちゃいますが、会話の中で どの意味なのかを使い分けるしかないですね。

logo-small

Good英会話

講師:ギャリー・Ai
住所 145-0062 東京都大田区北千束1-23-7
電話:03-6316-8917
メール:aitsun0701@hotmail.com
アクセス:大岡山駅から徒歩4分(大岡山駅は渋谷駅から電車で15分、自由が丘駅から2駅、目黒駅から5分)

Good英会話では アメリカ人英会話コーチと日本人の講師がペアとなり、英語を使って目的を達成したい方に、日常英会話や医療英会話を対面式マンツーマン・プライベートレッスン形式でサポートしています。プチ留学プログラムなども充実しています。体験レッスンを随時受け付けています。ご相談ください。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中