It’s very hot and wet?

先日、近所の商店街でお祭りがありました。

暑かったですが、とても盛り上がっていて、楽しかったです。

そこで、「もう暑いね~」というお話になり

It’s very hot and wet.

と Sさんが おっしゃいました。

wetという表現は おそらく 「dry (乾燥している状態)の反対」という意味で 使われたのだと思います。

つまり 「湿度が高い」といいたかったのですね。

悪くないですね。

こういう考え方が すごく大事です。

知っている単語を使って 表現してみることが とっても大事です。

そういう表現はされないのですが ギャリーは「dryじゃないってことだね」と理解していました。

それでも 通じるものなんですよね。

「じめじめしている」「湿度が高い」って 英語でなんていうの?

日本の夏は 特に とっても湿気が高くて ドライじゃないですよね・・・

ギャリーも 夏は好きなほうですが この湿度の高さには 参っています・・・

その「じめじめしている」というのを英語でいうと

humid (ひゅーみっど)

という表現になります。

あまり聞かれない表現ですが、知っていると便利な単語です。

湿度という名詞形は

humidity (ひゅーみでぃてぃ)

となります。

なので Sさんが 言いたかったのは

It’s very hot and humid.

ということですね。

ぜひ 使ってみてください!

logo-small

Good英会話

講師:ギャリー・Ai
住所 145-0062 東京都大田区北千束1-23-7
電話:03-6316-8917
メール:aitsun0701@hotmail.com
アクセス:大岡山駅から徒歩4分(大岡山駅は渋谷駅から電車で15分、自由が丘駅から2駅、目黒駅から5分)

Good英会話では アメリカ人英会話コーチと日本人の講師がペアとなり、英語を使って目的を達成したい方に、日常英会話や医療英会話を対面式マンツーマン・プライベートレッスン形式でサポートしています。プチ留学プログラムなども充実しています。体験レッスンを随時受け付けています。ご相談ください。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中