胎盤剥離って 英語でなんていう?

先日、産婦人科の医師と患者さんの会話集の練習をしていて

胎盤剥離って なんて表現したらいいでしょうか

という話になりました。

胎盤は 最近 サプリメントや化粧品などでよく聞かれる

placenta  (ぷらせんた)

ですね。

「え?? プラセンタって 胎盤なの???」という方もいらっしゃるかもしれませんね。

そうなんですよ。

赤ちゃんが お母さんから栄養をもらう器官なんですよね。

剥離は なんでしょうか?

剥離する、というときには

peel off
detach
separate

などが 使われますね。

実際に 「胎盤が隔離する」という表現は・・・

こんなサイトを参考にしてみましょう。 (https://www.pregnancybirthbaby.org.au/what-is-the-placenta

こんな風に書いてあります。

Placental abruption: when the placenta peels away from the wall of the womb before delivery. This can cause bleeding and means your baby may not be getting all the nutrients they need. In some cases, an early delivery may be needed.

placental abruption というのが 「胎盤剥離」という表現になりますね。

そして その説明が 

the placenta peels away from the wall of the womb

(胎盤が 子宮の壁からはがれる)

となっていますね。

こんなふうに 表現されるということですね。

産婦人科は 外国人に妊婦さんがたくさん受診され 他の科に比べて 日本語ができない患者さんの受診率が多いといわれています。

産婦人科にかかわる医療関係者のみなさんには 簡単な日本語や 最低限の英語が使えるようになっていただきたいなと思います。

私たちは 医療関係者の方向けの個人レッスン、院内研修を得意としております。

ご興味がある方は お気軽にご相談ください。

Good英会話

講師:ギャリー・Ai
住所 145-0062 東京都大田区北千束1-23-7
電話:03-6316-8917
メール:aitsun0701@hotmail.com
アクセス:大岡山駅から徒歩4分(大岡山駅は渋谷駅から電車で15分、自由が丘駅から2駅、目黒駅から5分)

Good英会話では アメリカ人英会話コーチと日本人の講師がペアとなり、英語を使って目的を達成したい方に、日常英会話や医療英会話を対面式マンツーマン・プライベートレッスン形式でサポートしています。プチ留学プログラムなども充実しています。体験レッスンを随時受け付けています。ご相談ください。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中