【ビジネス英語】メールで使う「お世話になっております」って英語でなんていう?

日本では、ビジネスの関係でメールを送信する際 冒頭で

「お世話になります」や
「お世話になっております」

と 書きますね。

これは 相手への感謝の気持ちを表現するためですね。

「お世話になっております」って 英語のビジネスメールでも使うの?

海外の人たちは この「お世話になっております」っていうのかなということですが

答えは

NO

ですね。

一般的に 英語でのビジネスメールでは 「お世話になっております」とメールを始めることはしません。

使われない表現なので「お世話になっております」を そのまま英語に訳することができません。

じゃあ メールの冒頭に 「お世話になっております」の代わりに 何を書けばいい?

「お世話になっております」という感じで ビジネスメールの冒頭に書くとしたら

Thank you for your reply.

Thank you very much for getting back to me.

という「お返事ありがとう」という表現も使えます。

もしくは

I hope all is well with you.

I hope this finds you well.

などのような「お元気でいらっしゃることと思います」というような相手の状態を気遣う表現が使えると思います。

英語でビジネスメールを書くときには こんな感じでメールを始めてみてくださいね。

Good英会話

講師:ギャリー・Ai
住所 145-0062 東京都大田区北千束1-23-7
電話:03-6316-8917
メール:aitsun0701@hotmail.com
アクセス:大岡山駅から徒歩4分(大岡山駅は渋谷駅から電車で15分、自由が丘駅から2駅、目黒駅から5分)

Good英会話では アメリカ人英会話コーチと日本人の講師がペアとなり、英語を使って目的を達成したい方に、日常英会話や医療英会話を対面式マンツーマン・プライベートレッスン形式でサポートしています。プチ留学プログラムなども充実しています。体験レッスンを随時受け付けています。ご相談ください。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中