ダンサーさんたちを見ていて思う英会話上達のコツ

私の祖母は 元社交ダンスの講師で 近年までフラダンスの講師をしていました。

私の妹は ダンスインストラクターです。

そして うちの長女は ダンスが大好きです。

うちの家系(私以外)には どうやら ダンサーの血が流れているようです。

そのダンサーたちを見ていて 英会話の上達にもつながるものがあるなと気がつきました。

どういうことかというと・・・

ダンスを習っている人は 上手になるために何をしているか。

ダンスを習っている人たちは 毎日 筋トレをしたり、習っている曲の振りを ビデオをみてイメージトレーニングをしたり、自主練習をしたりします。

レッスンでは どういうふうに体を動かすのか、どんな表現でやればいいのか、どんな振り付けなのかを 先生が教えてくれます。

でも 実際に それを体で表現できるようになるために 生徒さんはレッスンを受けてから 自分の時間を使って レッスンで習ったことを体にしみこませるために 練習をつまなければいけません。

そして 次のレッスンに参加して 練習してきたものを 先生に披露して 改善点を指摘してもらったり 次の振り付けを教えてもらったと 上達のために力を借りるわけですね。

つまり 「レッスンに行けば ダンスができるようになる」というわけではないのですね。

「英会話のレッスンを受けているけれど 全然上手にならない」

よく「英会話レッスンを受けているけれど 全然できるようにならなくて~」という話を聞きます。

ダンスなどに比べても 英会話力は 目に見えないものなので 上達しているかどうかが 判断しづらいため モチベーションをキープするのが難しいといわれています。

でも ダンスを習っている方々のことを見ていると 「英会話上達するためには 同じようなプロセスが必要」と 私は思いました。

おそらく これは ピアノやサッカーなど 何のスキルでも同じことですよね。

レッスンに 週1回通えば 英語でコミュニケーションが取れるようになる、なんていうわけではないんですよね。

反対にいうと 英語やダンス、ピアノやサッカーは 自分で練習すれば ある程度できると思います。

でも 先生について教えてもらうと 上達のスピードが短縮されますし 楽しく上達していけるものなんですよね。

それが レッスンに通い先生に教えてもらうメリットです。

先生は あくまでも 「あなたができるようになる」ことのお手伝い役ということですよね。

やはり ギャリーとの会話を しっかり楽しむために 自主学習をしていらっしゃる方が ぐんぐん力を伸ばしていらっしゃいます。

どんどん伝えられるようになることは喜ばしいことです。

それを体感していただくためにも 日常的に 英語の本を読んだり 英語を耳に入れるようにしていってくださいね。

Good英会話

講師:ギャリー・Ai
住所 145-0062 東京都大田区北千束1-23-7
電話:03-6316-8917
メール:aitsun0701@hotmail.com
アクセス:大岡山駅から徒歩4分(大岡山駅は渋谷駅から電車で15分、自由が丘駅から2駅、目黒駅から5分)

Good英会話では アメリカ人英会話コーチと日本人の講師がペアとなり、英語を使って目的を達成したい方に、日常英会話や医療英会話を対面式マンツーマン・プライベートレッスン形式でサポートしています。プチ留学プログラムなども充実しています。体験レッスンを随時受け付けています。ご相談ください。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中