【医療英会話】「どうしましたか?」

患者さんから患者さんの情報を聞き取ることは、的確な診断を下し、最適な治療計画を立てて治療を行っていくために、とても重要なことですね。

外来で 予約なしの受診の場合、まず受診の理由をお伺いするかと思います。

つまり

どうしましたか?

ということですね。

診察の理由を 確認するために どんな質問をしますか?

英語では

How can I help you? (どうお手伝いできますか?=どうされましたか?)

Could you tell me what your problem is? (あなたの問題を教えてくださいますか?)

What made you come and see me today? (今日 あなたを 受診させることになったのは何ですか?=何があって受診されることにしたのですか?)

What seems to be your issue today? (何が問題のようですか?)

How are you feeling today? (今日は 具合はいかがですか?)

という質問が使われます。

難しい表現をする必要はありません。

患者さんが 不安に思っていること、困っていることをお話していただくための質問の表現をご紹介しました。

患者さんが答えやすいように シンプルな質問で いいと思います。

Good英会話

講師:ギャリー・Ai
住所 145-0062 東京都大田区北千束1-23-7
メール:aitsun0701@hotmail.com
アクセス:大岡山駅から徒歩4分(大岡山駅は渋谷駅から電車で15分、自由が丘駅から2駅、目黒駅から5分)

Good英会話では アメリカ人英会話コーチと日本人の講師がペアとなり、英語を使って目的を達成したい方に、日常英会話や医療英会話を対面式マンツーマン・プライベートレッスン形式でサポートしています。プチ留学プログラムなども充実しています。体験レッスンを随時受け付けています。ご相談ください。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中