Fちゃんが英会話レッスンを受けている理由は「〇〇〇慣れ」

2020年は、生徒さんたち、そして そのご家族のみなさん 今年も 大変お世話になり ありがとうございました。

2021年も どうぞよろしくお願いいたします!

さて 先日 Fちゃんのお母様と お話をさせていただきました。

Fちゃんは 中学生で 未就学児のころから英会話レッスンにいらっしゃっています。

あまり口数の多いお子さんではありませんが とても賢いお子さんです。

Fちゃんのお母様は

「小さいころから 外国人とお話をする機会を作っているので 道端で 外国人に道を聞かれても 何とか対応できるくらい 外国人には慣れているかと思います」

と お話をしてくださいました。

そうなのです。

Fちゃんのお母様は Fちゃんに 「外国人慣れ」をしてほしいと思って レッスンを継続してくださっているのですね。

必ずしも 正しい英語で 道案内ができなかったとしても、外国人慣れしているおかげで 単語などを使って なんとかお手伝いができるのではないか、というお話でした。

確かに 日本人は まだまだ外国人慣れしていない方が多く 相手が外国人だというだけで 委縮してしまう方も多いように思います。

我が家の子供たちのお友達にも ギャリー講師を見て ドキっとして ご挨拶すらできないお子さんもいらっしゃいます。

そういうお子さんたちは たいてい ギャリーから すぐにちょっかいを出されて どきどきしながらも 遊び始めて すぐに慣れてくれるものなんですけどね。

なので これは 外国人と個人的な信頼関係を築いたことがあるかどうか、ということだけのことのような気がします。

外国人の友達がいる、とか 外国人と仲良くしている、という体験が 自信となるということですね。

Fちゃんのお母様は 小さいころから ずっとFちゃんに英会話レッスンを受けさせてあげている理由は そういう「外国人慣れ」を大きな目的とされていらっしゃるということでした。

素晴らしいことだと思います!

外国人は 匂いや表情、振る舞いが違います。

なので 最初は 不思議だなと思うことがたくさんあるかもしれません。

でも それは 「そういうものなんだ」と思えるようになると すごく楽になりますね。

そういう体験を 小さいうちにしておくと 多様性、国際的な社会に入っていっても 子どもたちは戸惑うことなく いろいろな人を受け入れ 自分のことも受け入れてもらえるようになるものです。

基本的な「人と人とのつながりを体験する」ということなのかもしれませんね。

Fちゃんは ギャリーと すごく対等にお話ができ とても楽しそうにレッスンを受けていらっしゃいます。

日本中のお子さんたちが こうやって 外国人と信頼関係を築き 冗談を言い合える体験ができたら 日本はもっと面白い国になるのではないかなと レッスンを外から見ていて思うのでした!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中